ドリッパーには拘りがある

ペーパードリップには、ネルドリップを元に誰もが簡単に美味しい珈琲を再現できるように、
考案された使用方法です。
合理的かつ衛生的で簡単に珈琲を抽出する事が出来ます。
抽出には、あまり時間をかけない事がポイントです。
時間をかけて抽出すると、酸味・苦味が強くなり珈琲の温度も下がってしまいます。
ここでは、珈琲の味をストレートに表現できる各メーカーのドリッパーの拘りが見うけられます。
器具にも色々と在りますので、簡単にそれぞれの特徴をご紹介します。


メリタ式

カリタ式

コーノ式

西ドイツ製   『メリタ式ドリッパー』
1つ穴で抽出するタイプで、他のメーカーよりお湯の落ちる速度が遅い分、
ドリッパーの側面の傾きが大きく成っています。
一般のハンドドリップとは多少異なり、
注ぐお湯の量をきちんと正確に1回で注湯を完了する必要が在ります。
途中の追加注湯をするとペーパーフィルターの目詰まりをする恐れが在りますので、
その辺を注意して下さい。
また、ローストは深煎り、粉は細挽きが良いとされています。
いかにも、コクを求めたヨーロッパ的な抽出方法です。

日本製  『カリタ式ドリッパー』
三つ穴で抽出するタイプで、初心者の方にも美味しい珈琲を淹れられる器具です。
粉は中挽きが良いとされています。
蒸らしの後の抽出は、良く浸透する様に数回に分けて注湯する事がポイントです。
三つ穴タイプですので目詰まりをする事無く注ぐ事が出来ます。
ほとんどのコーヒーショップで取り扱っている為、
この器具を使用されている方が多い位のではないでしょうか。


日本製  『コーノ式ドリッパー』
大きめの1つ穴タイプで、円すい形の濾過布に最も近い機能を持っています。
粉は中粗挽きが良いとされていますが、粉のメッシュにはとらわれる事無く抽出する事が出来ます。
抽出スピードが速いので、充分に蒸らしをする事がポイントです。
また、他のタイプとペーパーフィルターの形状が違う為、濾紙を購入する際は注意しましょう。
抽出時に最も自由度の在る器具で、多くのコーヒー通に愛用されています。


まめ知識トップへ戻る>>>
メディア紹介
ライブ情報
ギャラリー情報
リファインドファミリー
エコロジーなコーヒー
ブルーマウンテン受賞
ドリップの極意
焙煎の極意
まめ知識
Q&A


モバイルサイトは、
こちら
メール会員募集中!

REFINED AM9:00〜PM8:00 金曜:PM9:00まで 日曜・祝日 定休
通販法表記 / 個人情報保護方針 / リンク集 /
リファインドコーヒー 北海道札幌市白石区菊水8条2丁目1-35
TEL/FAX.011-825-9461 E-mail.hiwatashi@refined-coffee.com
Copyright (c) REFINED All rights reserved.