善玉コレステロールを増やす
〜 防衛医科大学助教授 石川俊次先生の研究結果次 〜

【血液循環をよくし低血圧を改善】

朝、起きがけに飲む一杯のコーヒーは、胃袋だけでなく、頭脳をはじめ、
体の隅々まで目覚めさせてくれるような心地がします。
実際、コーヒーの持つさまざまな作用が、まだかかりきっていない体のエンジンを
スムーズに回転させるのです。
コーヒーに含まれているカフェインは、末梢の血管を広げたり、
心臓の拍動を高めたりして、血液の循環をよくします。
ですから、コーヒーを飲むと、全身に新鮮な血痕が行き渡り、頭も体も活発に働き始めるのです。
 
このカフェインの働きは、特に朝が苦手という低血圧の人の場合に、非常に有効に作用します。
それは、コーヒーにはほんの少し血圧を上げる効果があるからです。
少しでも血圧が上昇することは、ぼ−つとした朝の不快感や日常の疲労感、
立ちくらみ、手足の冷えといった低血圧独特の症状を半減し、
体を動かしやすくするはずです。
低血圧の人が、午前中から気持ちよく活動するためには、起きがけに一杯という具合に
コーヒーを上手に利用するとよいでしょう。
 
 コーヒーに血圧を少し上げる作用があるとなると、
高血圧の人は飲まないほうがいいのかと考えがちですが、それは早合点です。
 コーヒーにはさまざまな研究や調査が行われていますが、
コーヒーをたくさん飲んでいる人に高血圧が多いという調査結果はありません。
 高血圧の人がなりやすい病気の一つに動脈硬化があります。
動脈硬化が進行すると、脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる脳卒中)などを
起こす危険性が高くなります。
動脈硬化の原因の一つに、コレステロールという脂肪質が血管内に沈着することが挙げられます。
 10年ほど前までは、コーヒーはコレステロールを増加させ、
動脈硬化を促進するという説が、医学界の常識とされていました。
しかし一般に、我が国で飲まれているフィルターコーヒー(紙や布で慮過したコーヒー)や
インスタントコーヒーは、悪玉コレステロールを増加させることは、まずありません。


まめ知識トップへ戻る>>>
メディア紹介
ライブ情報
ギャラリー情報
リファインドファミリー
エコロジーなコーヒー
ブルーマウンテン受賞
ドリップの極意
焙煎の極意
まめ知識
Q&A


モバイルサイトは、
こちら
メール会員募集中!

REFINED AM9:00〜PM8:00 金曜:PM9:00まで 日曜・祝日 定休
通販法表記 / 個人情報保護方針 / リンク集 /
リファインドコーヒー 北海道札幌市白石区菊水8条2丁目1-35
TEL/FAX.011-825-9461 E-mail.hiwatashi@refined-coffee.com
Copyright (c) REFINED All rights reserved.